2012年08月28日

『家族だったり、友達だったり』

7話、8話を終えて…




禿げろ!!!!!!





…こんにちは!馬に乗り弓を引く寺の娘沖田紗羽役の早見沙織です。

7&8話、皆様如何でしたでしょうか?

7話では、夢に向かう紗羽の葛藤や苦しみが描かれていましたね。
収録が始まった当初は、どのような展開になるか全く伺っていなかったので、
まさかこんなことになるとは!ラストが火曜サス○ンスみたいだとは!
全く想像していませんでした。
個人的には、紗羽の悩みを勘違いする来夏と、おにぎりonチャーハンの描写がお気に入りです 。

そして8話!こちらはもう「おとーーーさーーーん!」と叫びたくなるようなお話。
娘を思う父の愛情はいつの時代も、二次元でも三次元でも同じですね。
何度台本を読んでも涙が出る部分でした。収録でも、実は正一お父さんの姿を見ながら後ろでうるりときていました。
さらに家族の愛情はもちろん、友達の愛情も。
来夏、和奏の励まし方に、2人の個性が出ていてクスっとしてしまいました。

TARITARIは本当に、見れば見るほど温かい気持ちになる作品だなあと思います。

そしてなにやら校長室での不穏な動き、今後はこちらの動向にもご注目下さい!


ちなみに時折描かれる志保さんと紗羽のやりとりが、自分の家でのやりとりと
ダブって仕方がないです。非常にリアルです。(笑)そちらにも要注目ですよ!

それでは9話もお楽しみに!

2012年08月27日

『ドジったり、笑われたり』

こんにちは!最近拍車をかけてドジばっかりの制作進行、平山です!最近は天気がいい日が続き、それだけで嬉しくなっちゃいますね!仕事も本格的に動き出し、以前にもましてテンパってます!! この前までは別ればかり経験していたはずが、今では驚くほどたくさんの出会いの連続で、逆に慌ててしまいます。なんだか卒業式からの入学式みたいですね。人生は出会いと別れの連続だーって偉い人もいってたような・・・。それはともかく、初めて会う人には第一印象が勝負っていいますよね!そう思って毎回気合いを入れてご挨拶に向かうのですが・・・本当にドジが多い!!この間、届け物があってとある会社の階段を上っている最中、目の前にその会社のスタッフさんが。よーしと気合いを入れて、とびきりの笑顔で「あ!お世話にな」・・・で、足を踏み外して転がり落ちました(笑顔のまま)。 相手の方はぽかーんとしたあと、爆笑。恥ずかしさと痛さで涙が出ました・・・。その他にも、ドアが開いてるのに気付かず頭ぶつけたり、書類ばら撒いたり、人の名前を間違えて呼んだり。そのたびに赤面MAXで謝りまくってます。 もう少し落ち着いたカッコいい大人になりたいです・・・! 


平山
タグ:P.A.Works

2012年08月26日

『ジャケットだったり、BOXだったり』

みなさん、こんにちは、ポニーキャニオンの大島です。

さて、長らく準備してきました、「TARI TARI」ブルーレイ第1巻商品、
9/5の発売を前に、遂に完成しました!
できたてほやほやのサンプルを、写メで撮って公開してみましょう。

taritari01.JPG

商品外側は、キャラクター原案:tanuさん描き下ろしイラストの持つ透明感を生かすために、
クリアケース付きのデジパックジャケットになっています。

taritari015.JPG

裏を返すと、キャラクターデザイン:関口可奈味さんと、美術監督:東地和生さんの描き下ろしイラストが。
この部分は、ジャケットと同サイズのカードに印刷されたものが、クリアスリーブの中から見える作りになってまして、表側がこのイラスト、裏側がエンディングに使われている和奏のイラストが印刷されています。

そのカードを引きぬいて裏返すとこんな感じ。こっちも光沢感ある仕上がりです。
taritari025.JPG

このカードをうまく差し替えると、ジャケット表面・カード表面・裏面と、都合3種類のイラストが気分に応じて楽しめる、差し替えジャケットになるわけです。

これは以降6巻まで、全ての巻の初回限定仕様となります。

そして、その全6巻がまとめて収納できる、全巻収納BOXの見本も出来上がりましたので、こっちも写メってみました。

taritari02.JPG

イラストはこちらもtanuさん。表側は女子チーム3人が描かれています。

taritari03.JPG

裏側には男子チーム2人。下校途中でしょうか。

BOXは、これまたtanuさんの繊細なイラストが映える、パールっぽい光沢感のある独特な特製紙を使ってます。
この紙の表情、写メで伝わりづらくて...。雰囲気、判るかな?

この全巻収納BOXは、来月・10月3日発売のブルーレイ第2巻初回版に付属してきます。

本編と同様、ブルーレイ商品もスタッフ一同一生懸命作ってますので、
「TARI TARI」いいなぁ、と思った皆さん、
是非ともブルーレイ、コレクションしてくださいな。

2012年08月25日

『送ったり、戻ったり』

皆さま、はじめまして。
キュー・テックの岡本と申します。

以前(7/22)ブログにてキュー・テックのお仕事を紹介させて頂きましたが、
実は今回、Blu-ray&DVDのエンコード・オーサリングも担当しております。

ここでエンコードについて簡単にご紹介いたします。
エンコードとは、映像と音声を容量の限られた1枚のディスクにに収めるべく、美しくデータを変換する工程です。

120825_ブログ画像.jpg

動きの激しいところがブロックにならないようにするなど、調整の範囲は様々です。
暗〜い部屋で、何度も何度も1コマずつ、送ったり戻ったりして、細かく調整していきます。

ポチっと、ボタン一つで綺麗な映像が出来ると思っていた方いませんか〜?

エンコード担当のSくんに聞いたところ、
「今回のTARI TARIでは美術・背景の描写が細かく綺麗なので、自然な色合いが損なわれないよう特に注意して作業を進めています」
とのことでした。

このあと、メニューを作り、動作をプログラミング、発売メーカー様の承認を経てマスターデータの出来上がりとなります。

こうして、精魂込めて出来上がったBlu-ray,DVDを皆様お楽しみに〜!?

2012年08月24日

『茄子に棒刺したり、胡瓜に棒刺したり』

こんにちは!
P.A制作の松田です。

気付いたら夏になっていて、いつのまにか、お盆ホリデーだったということを、
近くの定食屋の貼り紙で知りました…。ご先祖様ごめんなさい\(^o^)/
そして気づいたら、夏のイベントも大半が終了していました。
皆さんはどこか行きましたか?

夏のイベントと言えばやっぱりコミケですが、僕は一度も行ったことがありません…。
人の多さが耐えられなさそうですが、生のレイヤーさんを見に行きたいなーと常々思っています!
ネットにUPされている画像を流し見ていて、
自分が担当した事のある作品のコスをしている人を見ると嬉しいですし!

今年の冬には【TARI TARI】の衣装を着たレイヤーさんが居ることを期待しつつ
足を運んでみたいと思います:)


マツジュン
タグ:P.A.Works
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。