2012年07月28日

『英語が苦手だったり、ウィーンが男前田ったり』

みなさんこんにちは!宮本来夏の声をやっております、瀬戸麻沙美です。

第三話は大智がロンリボーイだけど(笑)本当にバドミントンが好きで、頑張っているところがみえる素敵なお話でした。
大智はまっすぐで、一番男子高校生らしい人なのだと私は感じています。
しかし、私は和奏の「アイ、ドント・・マネー」がとても印象に残っています。
現場でも、「和奏英語苦手なんだねー」「確かにびっくりするよね」ってお話していたんですよ(笑)
それとあのブタさん!かわいいですねー。息を切らしているアップのシーンが、私は大好きです。

第四話では来夏が大ファンのアーティスト、コンドルクインズの登場でした。
来夏凄くテンションあがっていてかわいかったなぁ。でも、ちょっと調子に乗り過ぎちゃって、紗羽に怒られちゃいましたね。
アフレコをしている時、私も嬉しいという気持ちをいっぱい持っていたので、紗羽の声が届いたとき、はっとしてしまいました。紗羽はすごいです。

そして、ウィーンこと前田敦博が男前田ったりしましたね!前田だけにね!
あんな風に男の子に助けられたら、ときめいちゃうはずなのに
和奏はやはり和奏でしたね。そんなところが素敵です。

コンドルクインズとの出会いで、歌というものを改めて知った五人。
これからどんなハーモニーを奏でていくのか。皆様楽しみに待っていてください!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。