2012年09月27日

『腹鳴ったり、腹満たされたり』

こんにちは!こんばんは?お疲れ様です。
【TARI TARI】の放送も早いところでは最終話を迎え…【TARI TARI】の現場としては一段落したように感じます(…お疲れ様です…)
次回作に向けて、制作諸氏は各々の担当で日々をまい進しております(そのうちの一人です!)

さて、今日も今日とてお腹が鳴るわけです盛大にぐうーっと。
そう、制作体内時計が飯時を伝えます(夕方くらい※個体差有)
今日の腹具合は何だろうか?と胃腸たちに暗黙の視線を向け、同意したかにみえる空腹の轟音を響かせ、あゆむは「中華!」と勇んで店へと。(前も出ました店Kです!)

今回はこちら↓

無題.png

坦々麺とチャーシュー丼セット、です。
本日のお勧めメニューでしたのでつい頼んでしまいました(本当は豚肉野菜炒めを…迷った)
あっさり目ですこし辛みの効いた四川風坦々麺と甘いソースと青菜、そして良く煮込まれたチャーシューがのった丼が本日のお腹を満足にしてくれました!
こうして腹を満たして後半の業務に精を出していくのです(食後は眠い…はっ!胃が弱ってる!?)
胃腸機能に不安を抱えながら…!それではこの辺で、残りの業務に戻ります。
半食べ物紹介ブログはここまで…それでは次回更新まで!(あるのかな〜?)


水沼
タグ:P.A.Works

2012年09月26日

『帰ったり、また始めたり』

皆さんこんにちは。

制作の福澤です。

笑いあり、涙ありだった『TARI TARI』も遂に終わってしまいましたね。

自分にとっては何もかもが初めてだったこの作品、終わってしまうと何だか切ないものがあります。

最初のころは作業でてんやわんやで作品を楽しむ暇がありませんでしたが、段々とキャラクターに愛着みたいなものが出てきて、最後の方は彼らの成長を楽しんでいるような自分もいました。

自分も和奏達の様な青春を送りたかったですね。彼女らの直向きさは、僕には眩しい。

さて、話は変わりますが、先日、休暇をいただきまして実家に帰省しました。

その際に大学時代以来久々にギターを触ってみたのですが、以前弾けた曲が弾けなくて愕然としました。

楽しむはずだったのに空しさを感じてしまったので、そのギター、東京に持ち帰って暇を見つけてはちょろちょろと練習をしています。

何としてもまた弾けるようになりたいものです。(家の壁が薄そうなので、近所迷惑になっていないことを願います)

因みにですが、実家から金○洋の粒入りみかんを大量に差し入れしてもらいました。

ありがたいです!元気出ます!

歯に詰まる?そんなことあるわけないじゃないですか。


福澤
タグ:P.A.Works

2012年09月25日

『終わったり、切り替えたり』

お疲れ様です、制作の清田です。

ついに【TARI TARI】13話放送されましたね、みなさんいかがでしたでしょうか。
7月1日放送スタートでしたので約3ヵ月になりますでしょうか、あっという間に感じられます。

 【TARI TARI】について振り返ってみますと、私はニコニコの方で見ていたのですが、【TARI TARI】のタグで「合唱時々罵倒ミントン部」というタグを見つけた時は発想の凄さに笑わせていただきました。【笑い】【ありがとう】。
他ですと、いつでしたか、ボディタッチの件で┌(┌^o^)┐ホモォ!?などの話があったようですが、PA内はそういった謎の生物は生息していないのでご安心ください!
 
さて、無事最終話を迎えることができましたのも制作に関わってくださったスタッフの皆様、そしてご視聴頂いた全ての皆様あってのことだと思います。誠にありがとうございました。

では、終わりがあれば始まりがある…次へ向けて気持ちを切り替えていこうと思います。
それでは〜!


清田
タグ:P.A.Works

2012年09月24日

『終わったり、始まったり』

皆様、こんにちは。制作の池亀です。

先日、ようやく自分が担当していた最終話が無事に放送スタートされました。
完パケ間際は死にかけでしたが…、寝不足でぼけっとしておりましたが…、
放送されたのを改めて観て、ようやく完成したんだ!という実感が沸々と湧いてきました。

【TARI TARI】を応援してくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!

…そんな心地の良い余韻に浸る間もなく、次の任務が私に与えられました。
鋭意制作中ですので、そちらの方も是非、応援お願いいたします。

あれ?そういえば、自主制作している作品・・・・・・終わってない


池亀
タグ:P.A.Works

2012年09月23日

『終わったり、終わってなかったり』

皆様、はじめまして。
Blu-rayの進行業務を担当しておりますキュー・テックの角戸と申します。

前回のブログ(8/25)では、エンコードについて紹介していましたので、
今回はオーサリングについてご紹介いたします。

そもそも、「オーサリングってなんぞや?」って方が多いかと思います。
皆さんも一度はDVDやBlu-rayをご覧になったことがあると思いますが、
ディスクをプレーヤーに入れると何もしていないのに映像が再生されたり、
リモコンを押すとメニューが表示されたり、見たい話数のボタンを押すと
その話数が見れたり。
ディスクの中の動作等(ナビゲーション)を作ることを「オーサリング」と言います。

最近では、市販のソフトで簡単にDVDやBlu-rayが作成できるようになりましたが、
「TARI TARI」はそんなレベルの内容ではありません!
特にBlu-rayはコメンタリーを毎巻2種類収録!
そして、この作品の魅力のひとつである音声は放送でも使用していない
高音質の音源をそのまま収録しています!!

オーサリング担当者に話を聞いてみると、
「ディスクの見た目はかなりシンプルに見えますが、ユーザーがストレスなく
動作できるように細かな部分に気を配っています!」とのことでした。

このブログが公開される時期的に、最終話の放送を迎えているころかと思いますが、
我々はまだ半分も作業しておりません。。。
放送の担当者は「よし、終わった。打ち上げだ〜」とかはしゃいでおりますが、
ディスク担当の我々はまだまだ本番真っ最中です。
auth.jpg
終わったように見せかけて、まだまだ終わっていない「TARI TARI」
今後のBlu-ray&DVDにご期待ください!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。