2012年08月02日

『江の島だったり、湯○鷺だったり』

個人的にちょっと「いいね!」ボタンをこのブログに置いてみたい、
と思っているP.A.制作の松田です。

子供の頃、特撮ヒーローモノで、過去のヒーローが助けに来る!
という話を見て、すごく興奮した覚えがあります。
最近も、特撮モノや日曜朝アニメなどで見る機会がありますよね。
ゲーム業界を見ると、ロボットモノやヒーローモノ、キャラモノなど
活発にやっているような気がします。
このように、作品の垣根を超えるというのは、とてもロマンがあると思うんですよ!

先日、ネットを見ていたら「喜○荘に和奏達が旅行に行く話が見たい。」
という様な感想を見つけて、確かに!と激しく同意してしまいました。
皆さんは、こんな話数があったら見たいですか?

「いいね!」


マツジュン
タグ:P.A.Works
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。