2012年08月11日

『タイミングだったり、涙だったり』

皆さんこんにちは。ショウゲートの川村です。

オリンピックも終わりですねぇ。
試合結果に一喜一憂しつつ、連日盛り上がってましたが
それに負けじと?第5話〜第6話の和奏のエピソードは(私のまわりですが)盛り上がってました。

何かと言いますと、普段作品の感想を言わないような知人達から
「今回の話、良かったねぇ」とか「泣けました」といったメールが、やたらと届くわけです。
さらに、
会社では役員から「『TARI TARI』観たけど、あれは、いいなぁ」と言われたり・・・
和奏のエピソードは確かにとても良いお話ですし、嬉しい反応なのですが、それにしても・・・

最近、その謎が解けたのですが、
どうも、皆さんオリンピックの合間に観ていたらしく、
タイミング的には丁度良い時間に放送していたので、観てみたら「泣けた」ということみたいです。

これもひとつの「オリンピック効果」なんでしょうか??

どんな理由であれ、作品に触れていただき興味を持っていただくのは良いことです。

皆さんから「その前のエピソードも観たい!」という声もいただいております。

その声に応えるべく、策を練ろうと思う今日この頃です

2012年08月10日

『別れたり、再会したり』

こんにちは。
制作の上地です。

先日、ある先輩の送別会がありました。

その方は入社以来大変お世話になった方ですので寂しさも一入です。

送別会では残念ながらあまりお話できませんでしたが、
心を込めて送り出させていただきました。

次はいつお目にかかることができるか分かりませんが、
それまで是非お元気でいて欲しいと思います。

と思ってたら、翌日に駅前で会いました。
元気そうでよかったです(笑)。

新天地でも頑張ってください、Iさん!


上地
タグ:P.A.Works

2012年08月09日

『慌ただしかったり、気合を入れ直したり』

お疲れ様です、制作の清田です。

【TARI TARI】6話が放送され、話も中盤に入りましたね。
6話の評判が良かったなどの話を聞くと嬉しくなります。
放送日にはリアルタイムで観賞できないので、ニコニコ動画でコメントと共に観ております。

さて、スケジュールに追われる慌ただしい毎日が続く中、視聴者の方からの暑中お見舞いのメールを頂くと「よし!頑張るぞ!!」という気持ちになるので視聴者の方々にはとても感謝しております。
まだまだ暑い日は続きそうですが、皆さんからのを応援を頂いて乗り越えていこうかと思います♪(o ̄∇ ̄)/

弊社では只今「夏コミいきてぇ〜」などの叫びが起こっております。行かれる方は熱中症には気を付けてくださいね。


清田
タグ:P.A.Works

2012年08月08日

『閉まってたり、怪しまれたり』

こんにちは。制作の福澤です。

【TARI TARI】の放送が始まり早1ヶ月、自分の友達や家族も見てくれているようで、感想を電話やメールで報告してくれるのですが、やっぱり感想を聞いて、見てくれてるって感じるだけでモチベーション上がりますね。

さて、以前のブログで新人制作進行の仕事の1つに「便」という他社様や個人宅を回って素材の受け渡しをする仕事が触れられていたかと思います。

そして、便の時、起こると困ることの1つに、相手先に人がいない、もしくは鍵がかかっていて入れない、という場合です。

これが非常に困るのです。何せ、素材を届ようにも回収しようにも人がいない、建物が閉まっているではどうしようもないからです。

先日の自分が便当番の日がまさにそれがわけですが、いつもの様に相手先に着いて、インターホンを押して中から人が出てくるのを待っていたのです。

が………あれ?中から人が出てこない…だと…?

しかも、よく見ると建物に明かりが点いていない…?

いや、まさかね。そんなことあるはず…

そう思い恐る恐る建物のドアに手を伸ばし、思いっきり引くも…

ガチャ…ゴン!!

鍵が掛かっている…だと…!?

その時便に出発する前に言われた制作Iの「これ今日中に届けて欲しい。」という言葉が脳内リフレイン。

まずい。非常にまずい。

何とかせねば、と逡巡した結果、「もしかしたらどっかから入れるんじゃないだろうか?」という、冷静に考えたら可能性としては皆無であろうことを思いつきました。まあ、それだけテンパっていたわけですね。

さあ、行くぞと一呼吸。飲み物を一口含んで、心を落ち着かせ、いざ出陣。

正面玄関は既に開かないことは分かったので、今度は裏口側へ。
あるはずの入口を探してうろうろ。

が、見つからず。

仕方がないので周りを回って入口が他にあるかどうかを再探索、が、見つからず。
仕方がないので改めてインターホン押したり、ドア押してみたり。

そんなことを繰り返すこと十数分。

「お兄さん、お兄さん。何やってんの?」と何やら後ろから声。

ふっと振り向くとそこには何とお巡りさん。

そうなのです。一生懸命入口を探している僕の姿は傍目から見ると、他所の家への侵入経路を見つけようとする、超不自然な人のそれなのでした。それはお巡りさんも声を掛けるというものです。

それからお巡りさんに事情を説明するも、人生初の状況に混乱しっぱなしだった福澤。
不自然さに不自然さが更に増して完全に怪しい人と化し、醜態の上に醜態を塗りたくりながら状況説明をすること数分。
何とか事情を理解してもらったものの「もうこんな事しちゃいけないよ」としっかり注意されてしまいました。

これからは無茶はしないようにしよう、間違っても不審人物と思われる行動を取るのはやめようと固く決意した、そんな1日でした。


福澤
タグ:P.A.Works

2012年08月07日

『始めたり、終わったり』

皆様、こんにちは。制作の池亀です。
私の初めて携わった担当話数がようやく完成致しました。
何だかあっという間に終わったという感じでしたが、達成感も感じられました。
今後も頑張っていきたいです。

自分の担当話数が終わり、久しぶりのお休みに家の片付けをしていた所、
引越ししてから全く手付かずの物が大量にあることに気づきました。
片付け終わるのはいつになるやら・・・
とりあえず、愛用PCの電源を引っ越してから始めて入れました。

0807無題.png

・・・ネットまだ繋がってない


池亀
タグ:P.A.Works
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。