2012年07月05日

『心の青さだったり、洗剤の青さだったり』

どうも先日全力で走ったらちあのーぜ的な症状を発したWです


先日、【TARI TARI】#1が放映されたようですね
サブタイは「飛び出したり誘ったり」と、これから始まるんだという、高校生たちの若さと青春を感じさせますね


そんな【TARI TARI】の登場人物の青さとは裏腹に、こちとらもう年です(※今年で24)
全力で走ったりなど、この老いさらばえた身ではできかねることであったにも関わらず、それをやってしまった心の青さだけは変わらないのだなぁ、と
心が身体についてこない・・・ん? 身体が心についてこない・・・だ。
ああ、まぁ、つまりそんな感じです。


青い青いといえば、トイレの洗剤も青いですよね。
あの粘着感あふれる、まるで汚れの落ちそうな、
注意書きに『SUDEDEHURERUNA!』とありそうな、
まさにそれ。


最近、弊社トイレの番人(自称)と化した自分にとっては、
今、マストなアイテムであるにも関わらず、
奇しくも弊社には存在していないという、恐怖。


ですので、私は相も変わらずひたすらに『トイレク○ックル』を使って便器をこすり続けるのです。


なぜだ……! なぜだ、弊社! なぜク○ックルがあって、サン○ールはないのだ!?


きっと、このブログをお読み下さった、心ある弊社社員の方々は全てあまさず、心を打たれてトイレの番人である自分に、きっとサン○ールを買い与えてくれるに違いないと、私は思うのです。。。


というわけで、やっぱりトイレのはなしだったりだったり。


制作 渡邉
タグ:P.A.Works
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。