2012年06月03日

『真面目に書いたり、ふざけて書いたり』

皆さんこんにちは。ランティスの斎藤と申します。
『TARI TARI』で音楽プロデューサーを担当しています。

ピーエーワークスさんとは、『true tears』、『CANAAN』、『花咲くいろは』、『Another』…と、ありがたいことにたくさんご一緒させていただいてます。

今回、再びオリジナルものということで、この作品の仕込みは結構前からやってました。
正確な時期は記憶の彼方なのでパッと出てこないですが、、、早いものでもうすぐ放送です。

今回は『合唱』がメインテーマなので、音楽がとても大事なのです。
挿入歌で背景で流れるというのではなくて、劇中で彼女たちが歌ってるわけです。
それに合わせて作る作る作る…作る作る作る…です。

ただ作るだけではなくて、その状況に合わせて作る…なのです。

レコーディングスタジオでしっかり録音するってのもありますが、歌+芝居みたいな状況が多いので、アフレコスタジオで歌を録ったりもしてます。

なのでとても音楽的にやりがいのある現場なのです。
こういう挑戦は大好きです。


今回、役者さんをキャスティングする時に、演技のテストに加えて、歌のテストもしました!
歌が苦手、歌が嫌い、、、という役者さんでは今回の作品に参加が不可能だからです。

結果、歌の上手な人がたくさん集まりました!


作った歌がどれもこれも素晴らしいもので、自分たちで作っておきながら、何度も何度も聞いております。

ということで、TARI TARIは「音楽」に注目して欲しい!というお話でした。


初回なので、真面目な感じで書いてみましたが、次回以降は徐々にくだらない話もしようと思います。
どうぞよろしくお願いします!

ランティス斎藤
タグ:ランティス

『斎藤が書いたり、吉江が書いたり』

まいどお世話になっております。
ランティスA&Rの吉江と申します。

いろいろあって(便利な言葉ですね)、昨年9月からランティスに混ぜて頂いたぺーぺーの新人です。
斎藤の元で修行しておりまして、その道すがら、ご縁があってこの「TARI TARI 」というタイトルと出会わせて頂きました。
大学の頃、大学男声合唱団に籍を置き、青春の1ページをすばらしき野郎どもと過ごした吉江にとって、「青春合唱アニメ」なんて、俺のためのアニメじゃないですかっ!(笑)

…というわけで、自分の合唱、歌への思いを高めつつ、このタイトルに関わらせて頂いております。
始めての体験をたくさんさせて頂きながら、非常に幸せな毎日を過ごさせて頂いております。

というわけで(これも便利な言葉ですね)、
このブログでのランティス担当回では、斎藤が書いたり、吉江が書いたり、そしてたまには2人で書いたりしながら、音楽で関わって頂いている皆さまをご紹介したり、商品のご案内をしたりしていきたいと思っております。

初回の今回は、音楽の浜口史郎さんをご紹介します!
「花咲くいろは」でみなさまご承知かと思いますが、非常に繊細且つ、大胆な楽曲を描く作家さんです。
今回肝になる、合唱楽曲もほとんどが浜口さんの手に寄るものです。
この作品の一つの要となるポジションですが、堂々たる作品作りで応えて頂いています。

間違いない。皆さんの心に届く音楽になっております。

放送開始まであと1ヶ月。
皆さんも是非たくさん期待しながら待っててください。


image.php.jpeg
浜口さんの珠玉の音楽が詰まったアルバムです。こちらもどうぞ宜しく!(笑)
タグ:ランティス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。