2012年06月29日

『たり、たり』

皆さまこんにちは。監督の橋本です。

【TARI TARI】放送スタートまであとわずか!
という事で今日は、【TARI TARI】という作品をとりとめもなく紹介してみます。


『全13話だったり 2話構成だったり』
【TARI TARI】は全13話。
その13本を1,2話で1つ、3,4話でまた1つのお話という風に2話ごとで構成してあります。


2話で構成されたそれぞれのお話の中で、普段はちょっと控えめな登場人物にもスポットライトが当たったりしますのでお楽しみに。


『江の島行ったり 馬に乗ったり』
【TARI TARI】の舞台、江の島周辺はこんなところ。

展望台からみた海岸沿い113.JPG

スタッフ数名で何度かロケハンに行って空気を感じ、ご飯を食べ、撮った写真は数千枚。

【TARI TARI】を見てくださる方にもこの辺りの気持ちのいい空気感が少しでも伝わるといいなと思ってます。


そして馬。
登場人物の1人、沖田紗羽は馬を飼っています。

“個人で馬を飼うこと”にリアリティを持たせるため、実際に個人で馬を飼っている方に会ってお話を聞いてきました。

馬場128.JPG

そして馬にも乗せてもらいました。

馬場156.JPG

馬に乗ると心が癒されますね〜。



【TARI TARI】は『誰かと一緒に歌いたくなるアニメ』を目指してます。

他には『馬に乗りたくなるアニメ』だったり

あと『猫が飼いたくなるアニメ』だったり…


放送直前です。お楽しみにっ!


監督
タグ:監督

2012年06月28日

『バドったり、バトったり』

皆様、こんにちは。制作デスクの池崎です。
今日はスタジオの片隅にあったこんなものをご紹介。

0626_1.JPG

本編では大智というキャラがバドミントンをしているのですが、そんなシーンをみていると実際にしてみたくなり、制作ハッSーに買ってきてもらいました。
何気にいろんな人に使われて、

0626_2.JPG

・・・・。

【TARI TARI】が無事終わった暁には、だれが一番バドミントンが上手いかを決めたいと思いますp( `o´ )q


池崎
タグ:P.A.Works

2012年06月27日

『テロップだったり、クレジットだったり』

皆さまこんにちは。【TARI TARI】LPの辻です。

アニメーション制作のうえで慎重になる部分は色々あるんですが、自分はとくにエンディング(※以下ED)クレジットです。この作品に関わっているスタッフの名前の確認です。勿論オープニング(※以下OP)スタッフ名も大切ですが、OPクレジットは毎回固定のスタッフなので一度決めれば最終話まで変わることはありません、基本的には…。それに比べ、EDクレジットは毎話数スタッフが変わり、人数も多いのでいつもビデオ編集室で目を擦りながらチェックしております。やはりオンエアで自分の名前が間違っていたら、気持ちよく無いですからね。

今回【TARI TARI】では本当に関わっているスタッフの方が多い!です。通常テロップ枚数と言って、一画面に出るスタッフの名前が切り替わる枚数を指すのですが、弊社の作品の場合大体17枚基準なのですが、今回は19枚。一体何が…。

更に言いますと、EDクレジットをよーく見ると同じだったり、変わってたり、と【TARI TARI】を楽しむポイントの一つとなっておりますので、是非、放送時にEDクレジットにも注目して頂ければと思います!



タグ:P.A.Works

2012年06月26日

『発見はいつも偶然ったり、それが意外に大切なことだったり』

【TARI TARI】はP.A.WORKS制作のTVシリーズとしては6作品目になります。作品ごとに『この作品ではこんなことにチャレンジしてみたい』と考えて、毛色の違う作品を作ってきました。しばらくは手掛ける作品傾向を絞らないほうがスタッフにとっても刺激があるだろうし、そこから新しい探究が生まれると考えたからです。

0621-1.jpg
(美術監督東地和生さんが見せてくれた【TARI TARI】美術データ専用ハードディスク。1.5テラ)

ところが先日、制作過程のムービーをチェックしていて、『どの作品にも通じるものがあるな』、と感じたんですね。絵の方向性とか手法ではなく、作り手の「意識」のようなものです。共通スタッフが多いからでしょうか。それとも監督に、「P.A.が求められているのはこういう作り方だから」といった狙いがあるのかもしれません。

 今まで僕自身が「こういう意識で作ろう」、といったものを明確に伝えてきた訳ではないのですが、今回フィルムを見て感じた「作り手が大切にしているもの」には、間違いなく僕が大切にしたいものが込められていると客観的に発見できたんですね。

設立から10年経って、若手がボチボチ育って、彼らの中にP.A.WORKSが大切にしている「意識」が時間をかけて育ちつつある。それを僕が目標として掲げてきた訳ではなく偶然の発見でした。それがちょっと嬉しくて、
「地味だけど丁寧で良い話数になってた」
なんて直ぐ作画監督にメールを打ったりして。
「原画マン踏ん張ってくれました」
のだそうです。

0621-2.jpg
(P-10スタジオのパーテーションに貼られた美術ボード)

 さて、これからも新しいチャレンジを模索しながら刺激的な制作を続けようと思います。それに加えて、今回気づいた「作品を作るときに今までなんとなく大切にしてきたこと」を、もっと明晰な形にして僕らは共有し、ブレないように強度を増していこうと思いました。
作品のストーリーやテーマを視聴者の皆さんにお届けするのと同じく、僕らが大切にしていることを感じてもらえるような作品制作を目指してみたいと考えた先日の【TARI TARI】ラッシュチェックでした。

放映最速の地域では一週間を切りました。「やっと…」と「えっ、とうとう始まっちゃうのね」の間で揺れる制作現場からお伝えしました。


堀川
タグ:P.A.Works

2012年06月25日

『健康だったり、ダイエットだったり』

皆様、こんにちは。制作デスクの池崎です。
制作という仕事をしていると、規則正しくない生活を送ることもあります。
24時を過ぎてからの飲食や、少々寝不足なんてことも。

しかし今はスケジュールとの戦い。1日たりとも無駄にできません。特に体調には特に気を使うようになりました。

@ マスク…社内で風邪っぴきさんが出ようとも、完全にシャットアウト。終日マスク星人。

0620_1.JPG

A 健康サンダル…健康サンダル!かと思いきや、ダイエットサンダルでした。深夜の飲食も無問題。

0620_2.JPG

社内では、終日机仕事の為に体重を気にしはじめているスタッフもいるようです。
私はこの健康サンダル改めダイエットサンダルで地味に頑張ろうと思ったり、思わなかったり…。


池崎
タグ:P.A.Works
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。